平成30年4月(No.417号)
城北クラブ

第37回城北クラブ総会

日 時  平成30年5月27日(日)

13時〜16時(受付12時30分より)

場 所  早宮地域集会所 練馬区早宮1−44−19

電話03−3994−6705

会 費  1000円

締 切  5月20日(日)全員出席のこと

都合悪く出席出来ない場合は連絡下さい

※無断欠席の場合は退会とみなします

※出席出来る人は連絡不要です

 

◆連絡先  植松迄(tel090-8308-3034  mailuematsu42195@nifty.com 

◆今年の希望・目標等を書いてもらいますので考えてきて下さい

  (筆記用具持参のこと)

◆各種表彰あります

◆年間種目別順位、歴代種目別順位、年齢別順位を配布いたします

◆会員名簿の配布、陸連登録証の配布、記念品もあります

 

交通:地下鉄有楽町線平和台駅2番出口から徒歩8分、氷川台駅1番出口から徒歩10分

バス:みどりバス氷川台ルートで「早宮一丁目」徒歩1分 「開進第一小学校」徒歩1分

  ※車での来所はご遠慮下さい

第43回北区春季大会ふれあい赤羽駅伝

<日 時> 2018年4月8日(日)雨天決行

<集 合> JR埼京線赤羽駅改札口前(大宮方面の改札です)8時30分 

 スタート 10時00分

 参加費 1チーム12000円(1人2000円)(クラブ補助4000円)

 参加者(チーム編成)

 監督:菅原() 

 

Aチーム

1区(8.0975K)

植松

2区(3.0K)

井上()

3区(5.0K)

司波

4区(5.0K)

川井

補欠

佐藤()

補欠

菅原()

補欠

安部

◆当日の連絡先 090−8308−3034 植松迄

※不参加の人もメンバー表を確認して下さい!

 

5月定例練習会(当日自由参加)

 

<日 時> 平成30年5月6日(日) 雨天中止 

<場 所> 城北公園陸上競技場 8時30分開始

 

 練習会終了後、希望者で懇親会を行います。(会費1000円)

雨天中止時はホームページ掲示板に掲載します。(当日朝7時)

http://snow.advenbbs.net/bbs/rinrinrin.htm

 

 

会報の電子化状況

 

会報の配信メンバーは現在34名です。

会報メール配信については、今後も随時受け付けますので、ご協力いただける方は植松までメール願います。(連絡先:uematsu42195@nifty.com

 

東京マラソン完走記(伊丹光則)

 

2018年2月25日午前9時、気温4度曇り空、スタートの号砲を待つ緊張と不安で胸が一杯の中で、まず東京マラソン車椅子の部がスタート。その10分後、フルマラソンの部の号砲が鳴った。私の並ぶ位置からは、スタートラインははるかかなたで全く見えないが、うぉ〜!!!というランナーの雄叫びでレースは始まった。私にとってこれは2回目の東京マラソンだが、やはり東京マラソンは他のレースとは違う。何から何まで桁外れだ。何せ36000人が都心を走るのだから。それにボランティアが11000人、大会関係者や医療、警備の人たち、さらには途切れることのない沿道の応援、あちこちで繰り広げられる太鼓やダンスのパフォーマンスと、とにかく桁違いの人数が参加している。いやが上にも気分は盛り上がってくる。

 

昨年末から原因不明の胸の痛みに悩まされ、一時は痛くて布団から起き上がれなかったり、トイレまでが歩けないという悲惨な状態だった。近くの総合病院で診てもらって、血液検査、レントゲン、CT検査といろいろ検査はされたけれど、肋骨も内臓も異常なしという診断で、けっきょく原因不明のまま痛み止めの飲み薬が処方されただけ。最後は次女の連れ合いが紹介してくれた鍼灸院にも通って、その効果もあったのか、2月になるころには痛みもだいぶ治まってきた。様子を見ながら少しずつジョギングを再開するも、約1か月半のブランクは大きく、最初は1km走るのもゼイゼイという有様だ。休日を利用して少しずつ走る距離を伸ばしてきたけれど、最長でも13kmを走ることができただけ。こんな状態でフルマラソンにチャレンジするのは自分でもちょっと無茶かなとは思ったけれど、やはり12倍という高倍率の中でせっかく当選したこのチャンスを捨てたくはないという思いは強い。途中で棄権してもよいから、とにかく出走だけはしようと決意する。もちろん家内は出走を諦めろという。でも諦めきれなくて、走っていて胸が痛くなったらすぐやめるからという条件で、最後は家内も全面的にサポートしてくれた。

 

スタートとなる都庁前にはスタート2時間前の7時に到着。テロを警戒して会場のセキュリティがすごい。顔写真認証、手荷物検査、ボディチェックと厳重な警備だ。ようやく会場内に入り、着替えを済ませて荷物をトラックに預ける。荷物はここからゴール地点の日比谷公園に運ばれるのだが、そのトラックが何十台も並んでいるのは壮観だ。曇り空でとても寒い朝なので、まずストレッチをして身体を暖めようと思ったが、その前にまずトイレだ。これが長蛇の列。会場のあちこちに仮設トイレが設置してあるのだがとても足りない。私は寒い中を40分以上もトイレの行列に並んだけれど、結局スタートブロックに並ぶ時間が来てしまったので、トイレはがまんして自分のブロックに向かう。全部でLブロックまである中で、私はGブロックだ。前回はトイレに並んでいる間に道路がランナーで埋まってしまって自分のブロックにたどり着けず、最後尾からのスタートになってしまった。なので号砲が鳴ってからスタートするまでに30分以上かかってしまったが、今回はトイレをあきらめて自分のブロックに並ぶことが出来たので、号砲から約10分で横川陸連会長と小池知事の見守るスタートラインにたどり着くことができた。

 

コースは、スタートして新宿大ガードをくぐると靖国通りに入る。沿道の声援はものすごく、いやが上にもテンションが上がるが、このころはまだランナーも団子状態でマイペースで走れない。それでも病いを乗り超えて出走できた喜びが溢れてくる。私の応援には家内を応援団長に3人の娘とその連れ合い、孫まで動員されて、地下鉄1日券を買って都内を縦横無尽に走り回って、行く先々で応援してくれた。と書きたいところだが、あれだけ事前に綿密な打ち合わせをしたにもかかわらず、予定した8か所の応援箇所で巡り合えたのは半分の4か所だった。さすがに東京マラソン、走る人の数も半端じゃないけれど応援する人も半端じゃない。家内の振る応援うちわを探しながら走ったつもりだけれど、なかなか見つからないものだ。最初の打ち合わせ場所の市ヶ谷では巡り合えず、神田、日本橋と都心を走って次の茅場町10km地点でようやく伊丹家応援チームを発見。これで力をもらってどんどん行こうと思ったけれど、ここまで我慢してきた自然の欲求に抵抗しきれず、ランナーの走る列を離れてトイレに並ぶ。これが不覚であった。仮設トイレの数が少なかったのか、列はちっとも前に進まず、汗に濡れた体は冷えてくるは、満タンになったタンクは破裂寸前になるはで大変だった。ようやく出すものを出してすっきりして、走りを再開する。次は浅草雷門の折り返しだ、その時、道路の反対側を黒い塊が弾丸のように迫ってくる。黒人ランナー中心の先頭グループだ。あとでニュースを見たら設楽裕太君がマラソン日本新を更新したというから、きっとあの先頭グループにいたと思うのだが、なにせあっという間に走り去ってしまったので全く分からない。

雷門前はものすごい人垣で、とても我が家の応援チームはたどり着けなかったみたいだ。今回はスマホを持って走ったので、ラインで連絡をとりあって、次は両国で待ち合わせることにする。ところがここでも巡り合えず、富岡八幡宮を折り返して門前仲町でようやく孫の応援の声を聞くことができた。ここで21km地点、これでようやく42kmの半分だ。そこから隅田川を渡って25km地点では会社の同僚が給水ボランティアをやっているので、そこに立ち寄る。彼から、これを飲めば元気が出るからと白い粉末と水を渡される。これってヤク?ドーピングにならない?って一瞬思ったけれど、言われるままにそれを飲む。そのおかげかどうかは分からないが何とか42kmを走りきることができた。

2回目の日本橋を過ぎ、銀座通りに入る。東京マラソンでは7時間以上交通を止めて都心を走るわけで、それだけでも愉快だが、中でも花の銀座通りを駆け抜けることができるのは感激ひとしおだ。銀座から日比谷通りに入ると30km地点だ。体調不良で練習不足は否めない中でよくここまで走って来られたなあと感慨に浸る。でもマラソンは30kmからが勝負といわれる。気持ちとは裏腹に足の筋肉は今にも痙攣しそうだ。回りを見ても歩いているランナーが目につく。応援チームと打ち合わせた次の待ち合わせ場所は御成門だったけれど、ここにも姿がない。足の痛みに耐えながらその先を目指すと、芝公園の先、32km地点で皆が待っていてくれた。それでほっと一息つく。さらに芝公園を過ぎて、にりんそう5(板橋区内で活躍している遊び&ボランティアグループ)の仲間が待つ三田駅前を目指す。“見えたっ!”私の似顔絵が描かれた大きな横断幕が目に飛び込んできた。倒れこむように皆のところへかけ寄る。こんな寒い日にもかかわらずたくさんの仲間が応援に来てくれて感激だ。これで元気をもらって、品川駅前の折り返し点を目指す。これが思ったよりも長かった。走っても走っても折り返し点が見えず、気持ちが萎えそうになる。ようよう折り返して、再びにりんそう5のメンバーの待つ三田駅前を目指す。だんだん脳に血液が回らなくなって意識もうろうとなってくる。ようやく皆の待っている地点に到着。再度皆さんからエネルギーをもらって気持ちをリセットする。これから残り4kmは気力の勝負だ。何も考えず、姿勢をキープすることと、足をもつれさせて転ばないようにということだけを心がけて走る。最後はパリの街並みのような大手町の石畳を懸命に走る。そこで次女夫婦が沿道から最後の声援をかけてくれた。それに応えてラストスパートをかけようと思うがもう足が前に出ない。ひたすらペースを維持してそのまま倒れ込むように皇居前のゴールへ。ゴールした瞬間は、完走した!!という喜びよりも、終わった!ほっとした!という思いが頭を駆け巡る。

 

その晩は祝杯を挙げていい気分になって早々に床に就き、完走の喜びがじわじわっと湧いてきたのは翌朝になってからだ。1ヶ月前の体調不良を思うと、出走前にはどこまで走れるか不安がいっぱいだったけれど、完走できて本当に良かった。ネットタイムは5時間6分54秒、順位は36000人のランナーのちょうど真ん中あたりの18123位だった。5時間は切れなかったけれど、あのコンデションの中では上出来で大満足だ。有森裕子さんではないけれど、自分を褒めてあげたい。それにしてもこんなにも熱く応援してくれる多くの仲間に囲まれて、本当に幸せだなあと思う。皆さん、ありがとうございました。

             

 

 

第71回府中駅伝競走大会(2018年2月11日)

参加チーム(293) 1区(4.3k)2区〜5区(4.2k

63位 Aチーム 1時間24分58秒

1区 柏木   19分09秒 (172) (172)

2区 司波    17分19秒 ( 91) (114)

3区 菊島   15分56秒 ( 36) ( 82)

4区  丸山   16分03秒 ( 46) ( 64)

5区 竹田   16分31秒 ( 69) ( 63)

119位 Bチーム 1時間34分28秒

1区 春本   17分26秒 ( 98) ( 98)

2区 古口   18分44秒 (145)(110)

3区 浦     18分04秒 (108)(101)

4区 池田    20分14秒 (189)(113)

5区 井上()  20分00秒 (197)(119)

DNF Cチーム  時間  分  秒

1区 植松   17分31秒 (101) (101)

2区 佐藤()  18分59秒 (153)(115)

 

 

記録室

 第19回ハイテクハーフマラソン

<1月14日>

 ハーフマラソン男子

239位 横大路 1時間23分42秒

 第16回新宿シティハーフマラソン

<1月28日>

☆3キロ男子

9位 横大路   10分10秒

 東京マラソン2018

<2月25日>

 30〜34歳男子

86位 横大路 2時間36分36秒

☆ 60〜64歳男子

4位 竹田  3時間00分37秒

☆ 65〜69歳男子

443位 伊丹  5時間6分54秒

 月例赤羽マラソン

<2月25日>

☆10キロ:壮年男子の部

2位 川井  42分48秒

☆5キロ:一般男子の部

8位 司波  20分32秒

 第36回鴻巣パンジーマラソン

<3月3日>

☆ハーフ一般女子40歳代

8位 古口 1時間37分38秒

名古屋ウィメンズマラソン

<3月11日>

☆フルマラソン

517位 古口 3時間27分48秒

 静岡マラソン2018

<3月4日>

☆マラソン陸連登録女子

76位 佐藤() 4時間16分02秒

 2018板橋Cityマラソン

<3月18日>

☆マラソン陸連登録の部女子

31位  篠田 3時間22分16秒

マラソン一般の部 総合女子

672位 池田 4時間52分04秒

記録申請先:植松迄(tel090-8308-3034  mailuematsu42195@nifty.com

 

3月定例練習会報告

 

<参加者> 菅原(冨)・安部・植松・石橋・井上(雅)・川井・古口・坂内・菅原(博)・芹沢・竹田・戸津・広井・宮崎 (14名)

<練習内容>

ペース走      4000m 

ロングインターバル  800m

ショートインターバル 400m × 2本 200m × 2本

           100m × 2本

 合計        7800m 

 鈴木さん、ワイン有難うございました!

 

駅 伝 予 定

 

1. 第22回東日本年齢別駅伝大会

 開催日 2018年5月20日(日) 雨天決行

 会場:皇居桜田門(皇居周回コース)

 距離:4区間(20km) 各区間5km

 参加費:1チーム8,000円 (1人2000円)

 種目:一般の部 9時20分スタート

    年齢別  9時30分スタート

    女子の部 9時30分スタート

連絡締切済み

 

 

編集後記

 

 表紙の人(外池君)

以前は氷川台に住んでいて一緒に水八練習会(水曜日夜8時)で城北公園のトラックで練習しましたが、あの頃は速かったし、これからもっともっと速くなるだろうと期待していましたが・・・

外池君は戦力外ではありません。秘密兵器です。まだ若いし、サボり過ぎのため通算の走歴はまだまだ浅いので、気持ち次第では城北のエースにも成り得る存在です。練習すれば持ち前の中距離のスピードも生きてきます。そろそろ復活して城北クラブの駅伝で力を貸して下さい!

ビールはよく飲んだよね・・・たまには練習会に出て浴びるほど飲みましょう!

 

 東京マラソン完走記(伊丹さん)

 昨年末の忘年駅伝の頃(あの時は私の手違いで出走メンバーから外してしまい申し訳ありませんでした)から胸の痛みを訴えていたので心配していましたが、東京マラソン無事完走できて本当によかったですね。大勢の応援団にも声援されて羨ましいです。

文面から東京マラソンの華やかな様子が伝わってきて、私も過去2回走っていましたが、また走りたくなってきました。

でも来年からは3月第一日曜日?練習会の日だ・・・日程変えてくれ〜!

 

 会報417号をお届けいたします。

 平昌パラリンピックも金3個、銀4個、銅3個のメダル獲得となり、前回のソチ大会を大きく上回る結果となった。村岡選手は出場種目全種目でのメダル獲得の大活躍!成田選手の本当に嬉しそうな笑顔も素敵だった!新田選手の転倒しても最後まで諦めない姿にも感動!

 そしてメダリストだけでなく全ての選手に拍手を送りたい。障害を抱えてしまった時、どんなにショックを受けたことだろう・・・そこから自分の出来ることをみつけ、目標に向かって頑張っていく姿勢は、我々も見習うべきことだと思う。

 今後はオリンピック、パラリンピックと区別せずに、オリンピックの種目の一部とすれば、さらに盛り上ると思うのですが・・・