令和3年2月(No.451号)
城北クラブ

2月定例練習会中止のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大が続いていて緊急事態宣言も出されていますので、2月定例練習会は中止とさせていただきます。

 

 

3月定例練習会(当日自由参加)

<日 時> 平成3年3月7日(日) 雨天中止 

<場 所> 城北公園陸上競技場 8時30分開始

 開催有無は新型コロナウイルスの感染状況により判断します。

 雨天中止時はホームページ掲示板に掲載します。(当日朝7時)

https://9222.teacup.com/jyouhoku/bbs

 

 

新ユニフォーム作成について

  アンケートの回答期限は1月末日でしたが、1月28日時点でまだ6名の回答しかありません。なるべく多くの人の意見を聞きたいので2月20日まで回答期限を延ばします。

 必須ではありませんが、なるべく多くの回答をお待ちしています。

http://jyouhoku.s205.xrea.com/  トップページの「アンケート」

 

 

 

会報の電子化状況

 

会報の配信メンバーは現在40名です。

会報メール配信については、今後も随時受け付けますので、ご協力いただける方は植松までメール願います。(連絡先:uematsu42195@nifty.com

 

 

新コロナウイルスと戦う

城北クラブ会長 安部武良

中国!、コウモリ! 最初はよその国の話だと思っていたが123月と日が進むにつれて えっ どうなるの! 東京オリンピックもあやしくなり、結局順延となった。オリンピックの順延など聞いたことがない。ひどい国は感染者が千万人を超えている国もあり、その死者も世界で百万人を超えている。戦争どころじゃない。3月くらいから楽しみにしていた駅伝やレースなどが軒並み中止に追い込まれ、わが城北クラブも自粛せざるを得ない状況になってしまい、毎月1回の練習会、5月の総会などを中止にして結局3月から8月まで練習会や行事を自粛しました。会社も4月から1/3は在宅勤務になり、飲み会も無くほとんど家から出ない日々が多くなり、運動不足の日が続くようになりました。たまに多摩川土手に行ってみるといつも以上にランナーが多いのに驚き、最初の頃はみんなマスクをしていたのですが最近のランナーはほとんどマスクをしていないのが普通になってきた。ちなみに僕は世間で言う高齢者なのでマスクをしたまま練習しています。

このままではダメと思い不安ながら9月から練習会を再開しようと決めたのですが雨のため中止となり、残念でした。10月は久しぶりのトラック練習会を開催でき、仲間が懐かしく、練習後の懇親会(公園の芝生で)も盛り上がり充実できました。11月は夏できなかったクラブ内駅伝や会員表彰を合わせて開催し、懇親会(芝生)でさらに盛り上がり、何とか新コロナに打ち勝ったような気がしました。会員表彰は毎年、総会時(5月)にその年度の駅伝、個人レースなどに活躍した会員を表彰しているもので豪華記念品?などを贈って労っています。

12月は練習会、記録会(皇居)など行う予定、新コロナが前よりひどくなってきたので恒例の懇親会は残念ながら中止にしました。年明けは元旦練習会から始まるのですが新コロナ次第です。

2020.11.1(日)城北中央公園400mグランドにて(練習前のUP

 

東京陸上競技協会より

 審判員の方、及び、審判員に興味のある方のみお読みください。

1.2021年度審判講習会・新規取得講習の実施について

 2021年度の審判講習会は新型コロナウイルス感染症対策のため、会場での講習は実施しません。下記により代替講習会とします。

①既得者の代替審判講習会の対応

 (1)会場を使用しての講習会受付はしません。審判員入力システム(Googleフォーム)を  

使用して代替講習会の受付を実施します。

東京陸協ホームページ「What’s New」 、右上審判員を参照願います。

  (2)審判員入力システム未入力の審判員には、受講票を郵送します。届きました受講票を 

記入していただき東京陸協に返送(FAX・郵送・メールしていただくことで代替講習 

会受付となります。

  (3)振替受講料の支払いについて

    2021年3月1日まで、郵便局・郵便振替にて、摘要欄に「審判講習資料代」と記 

  載の上、代替受講費・資料代1500円を振り込んで下さい。

※郵便振替口座 口座記号00100−9 口座番号346266 

  (4)代替受講費・資料代の入金確認が終わり次第、3月1日から順次、審判講習会資料・ 

課題(資料に基づいてレポートの提出をして下さい)を郵送します。

昇格者「S級(陸連から戻っていれば)A級及びB級」は申請時に提出した手帳も同封 

します。

  (5)課題の提出期限は、2021年3月31日(水)です。

メール、又は、郵送・FAX で東京陸協に提出してください。

課題レポートの内容を審判部で確認し、適正と判断された方には審判講習会受講済短冊 

を郵送いたします。

 ②新B級審判資格取得の講習について

  (1)日程 2月28日(日)・3月13日(土)14日(日)28日(日)・4月3日(土)

  (2)場所:東京陸協6階会議室(先着受付25人まで)

     受付:9時30分〜  講習:10時00分〜13時30分 の予定

  (3)申し込みは2月1日から東京陸協ホームページに掲載するGoogleフォームに氏名、

受講希望日などを入力し、申し込みを受け付けます。また、実技研修については、講習

の際に説明します。

<連絡先>

(公財)法人東京陸上競技協会 〒160-0021新宿区歌舞伎町1-28-3 武井ビル5F

 TEL 03-3203-6123   FAX 03-5292-0196   メールshinpan@toriku.or.jp

編集後記

 表紙の人(菅原博さん)

写真、お若いですね・・・2000年というと私が城北クラブに入会した年なので、私が初めて博さんにお会いした頃の写真と思われます。

思い出すのはその年の10月の第一日曜日。私が朝練の帰りに城北公園に寄って走っていた時に声をかけられてクラブの練習会に参加させていただきました。練習メニューは小雨が降っていたので公園のBコースのペース走。先頭の人に付いて走ろうと思っていたのですが、その先頭グループにいたのが博さんと今は城北ACの監督をしている櫛谷君でした。やはり城北クラブは速い人がいるんだな・・・と思って、今後も刺激を得られると思い、その時点で入会を決めました。

あの頃は博さんとちょうど走力が同じくらいだったので、勝手にライバル視させていただきました。

博さんが素晴らしいのは、年代別でトップクラスの走力を長〜〜〜い期間において保ち続けたことです。クラブの60代、70代の記録は群を抜いていますね。それに走るフォームもダイナミックできれいな走りで、ピッチ走法でドタバタ走る私にとっては羨ましい限りです。

今は膝を痛めて思うように走れないとのことですが、痛みが和らいだら、今度は楽しんで走り続けてください。

 

 会報451号をお届けいたします。

2回目の緊急事態委宣言が1月8日に発令されましたが、思っていたほど人出は減らず、やはり国民が悪い意味でコロナに慣れてしまったように感じました。感染者が減らない中、確実に医療崩壊が起き始めていて自宅待機中に容体が急変し亡くなるといったケースが後を絶ちません。1月後半に入ってようやく感染者も減少傾向に転じてきましたが、まだまだ油断出来ません。残念ですが、またしばらくは練習会などの行事を休止させていただきます。

会報には、先月は竹田さんと矢古宇さん、今月は安部会長の投稿文を掲載させていただきました。これは東京走友連合だよりに掲載される予定の投稿文です。東京走友連合だよりはまだ私の手元に届いていませんが、届いても練習会などの行事が出来そうもないので、経費節減のためしばらくは私の方で預かる方向でいますのでご了承願います。

また、会報が寂しくなってしまうことが予想されますので、引き続き皆さんからの投稿文などもお待ちしています。